2009年01月15日

小正月が消えていく?

 一月十五日は「小正月(こしょうがつ)」。女正月と呼ぶのは、京阪神だけらしい。
 もともと、こういった年中行事は、旧暦で行なわれていた。旧暦は、月の満ち欠けで成り立っているから、一日が新月、十五日が満月となる。

 新月とは新しい月が見え始めることで、その前は闇夜ということになる。このあたりが未だよくわからないのだが、旧暦表示のカレンダーでは、一日すなわち朔日(さくじつ、ついたち)には、新月とあって、月は真っ黒になっている。
 月齢がぴたり29とか30で1カ月にはならないから、実際の新月や満月は、厳密にみれば微妙なものだろう。
 十五日は当然、満月。つまり「十五夜お月さん」だ。旧暦では、毎月十五日は十五夜で満月。この表現は、じつにわかりやすい。
 ちなみに、ついたち(朔日)とは、つきたち(月立)、つまり月のはじまり、というところからの変化だそうだ。

 七日の人日にも引用した『現代こよみ読み解き事典/岡田芳朗・阿久根末忠編著(柏書房)』によると、一年の最初の満月の日、つまり一月十五日が旧暦の正月だった。新暦が採用されてからは、一日を年の初めとし、この元日を大正月、十五日を小正月と呼ぶようになった、とある。
 うーん、わかりにくい。
 ともあれ、こうして、一月十五日は、新暦においても、元旦に次ぐ重要な日なのである。

 だから、もともとこの日には、重要な行事が多い。
 成人の日も、かつては1月15日だった。
 小正月が、成人の日として祝日に定められていたから、そういった年中行事も行ないやすかったが、改正祝日法でハッピーマンデー制度が導入され、15日が休日にならなくなった。おかげで、日本の歳時記の中枢、京都は、大混乱である。
 三十三間堂の通し矢(弓の引き初め)や楊枝(やなぎ)のお加持は、今年は18日の予定。新熊野神社の左義長神事は12日。洛中洛外、たくさんある小正月に行なわれてきた行事を、最初は15日で踏ん張っていた社寺も、ほとんど妥協した。平日では地元の人が参加しにくい。観光客はとにかく、奉仕する氏子や檀家が困ってしまう。こうして前後どちらかの日曜祝日に変更せざるを得なくなった。

 京都の「伝統」というブランドコンセプトにとって、これは大きなマイナスだと思う。祇園祭の山鉾巡行が、毎年、前後の日曜日に移動したらどうなるか。じつに安っぽくなるのではないか。しかも、1カ月間続く関連行事すべてに影響する。
 本来、簡単に日にちを移動できるような祭礼を「神事」とは呼ばない。決まった日を選んでいることには、歴史的、民俗的理由があるのだ。
 日頃、日本の伝統の重要性を主張し、国体や万世一系を説くセンセイたちは、しかし、簡単に、この、こよみの掟を破った。
 もともと時間を支配するのは神であった。かつてより、権力者たちは、暦の決定権を握ることで専制君主になろうとした。神にとって代わろうとしたのだ。
 法の改定で祝日を変えた、時の首相、小渕さんは、そんな不遜な気持ちを持っていたわけではないだろうけれど「時間」の支配にちょっかいを出して、急死してしまった。(あ、オカルトになってすみません)

 どうせなら、ハッピーマンデーはもうそのままでいいから、小正月をあらたに祝日にしてほしいな。
 あるいは、それぞれの都道府県や地域で祝日を定められたらいいな、と思う。連休を増やしたり、妙な特区をつくるより、経済効果があるかもしれない。

posted by Office KONDO at 17:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええことゆうね。
確かに15日休みというか、小正月は祝日にすべきやね。
あれこれ蘊蓄も含めて、ようしってはりまんな〜。
Posted by 真夜中親父 at 2009年01月16日 00:49
mainichi dokokade yondayouna ikenbakari 
hitohoukeuri tanoshiidesuka
yoku tsuzukune
Posted by at 2009年01月16日 00:56
いいね!ボタンをぽちっと…出来ませんね^^;
Posted by nomoto yukari at 2012年01月19日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。