2011年02月28日

ビキニ・デーとCSR。

旧暦一月二十六日 甲寅(きのえとら)

 嗚呼、もう2月が終わる!
 二月は逃げる、とは、ほんとによく言ったもので、一月の去ぬる、三月の去る、と較べても、ずっとスピード感がある(笑)。
 大の月に較べると三日少ないのは大きい。えらいことです。

 明日、3月1日は、以前にもふれたことがあるけれど、「ビキニ・デー」。
 http://kyotohansokutsushin.seesaa.net/archives/200902-1.html
 かつて、太平洋の美しい珊瑚礁の島々で、アメリカが核実験を続けたが、その爆発で撒き散らされた汚染物質「死の灰」をかぶったマグロ漁船「第五福龍丸」が帰還後、わずか半年で、久保山愛吉さんという乗組員が亡くなっている。1954年のこと。
 ビキニ・デー、としては知らなくても、そういうことがあった、ということはなんとなく知っている人も多いのではないだろうか。

 ほんとうは、日本のすべての人が知っておかなくてはならないはずの出来事である。
 ヒロシマ、ナガサキ、に続く、第三の被爆。
 日本は、核爆弾による被爆を身をもって経験している、唯一といっていい国である。

 少し前に、山下正寿さんというかたの「ビキニ・デー」を追ったドキュメンタリーを観て、お話しを聴く機会があった。高知県で長く高校の社会科教員をつとめ、退職。プロフィールでは、現在、高知県太平洋核実験被災支援センター事務局長、となっていた。
 山下さんは、現役教師だったとき、地域の現代史を調査する高校生たちの課外学習で、原爆の「ヒバクシャ」をたずねるうちに、偶然、ビキニの水爆実験で被災した漁船員のことを知ることになる。
 第五福龍丸の母港は、静岡県の焼津である。遠く離れた高知県の港に同じ爆発実験で被災した船がいたとは、思いもしなかったはずである。

 高校生たちとともに聞き取りを続けたが、この高校生たちの地元である幡多という地域の、14の漁村すべてに被災した船員がいることがわかった。
 この活動がきっかけとなって、ビキニ・デーの悲劇が第五福龍丸だけではなくて、じつは1000隻にもおよぶ船が被災していたことが、あらためて明らかになる。
 ひとつひとつ事実を探し出して並べていく、その淡々とした執念には敬服させられる。

 この経緯が、2004年に、南海放送ローカルで『わしも死の海におった〜証言・被災漁船50年目の真実〜』として放送され、「地方の時代映像祭」でグランプリを受賞している。その後も取材を重ねながら番組制作をして、いわば新訂版のように、たびたび放映してきたようだ。
 観たのは、2010年版の番組で踏み切った、というDVD化された映像だった。
 できることなら、DVDの制作費が回収できてからでいいから、ユーチューブあたりで、誰もが簡単に観られるようにしてほしいものだと思う。講演の映像も撮っていたようだから、大学の講義みたいに、どんどんネットで流せばいいのだ。

 日米政府や、関係者が、まるで、バットマンのゴッサムシティの悪人たちや、バイオハザードのアンブレラ社みたいに、いかに露骨で単純な悪人ぶりを発揮したかには、あきれるばかりだが、皮肉なことに、ビキニで舞い上げられた死の灰は、1000隻の日本漁船だけでなく、偏西風に乗って、アメリカ本土にもたっぷりと降り注いでいる。
 アメリカによる調査は、ヒロシマ、ナガサキのときのABCCと同じように、医学的救済のためではなく、これ幸いの人体実験として被災者をモルモット扱いしている。

 被曝して帰港した船乗りさんたちは、日本の厚生省職員だかによってガイガーカウンターをあてられたが、それはむしろ、ついでや冗談半分のようなもので、数値が記録されてもいない。本人たちの記憶で、驚くべき放射線量が明らかになっているが、調べる対象は人ではなく「魚」だったのである。
 魚は健康被害をもたらすものが市場に出まわると、「一般国民」の口に入るので騒ぎが広がることになる。けれど、人は、本人が健康被害に遭うだけである。

 日米政府は、秘密裏に談合して、早期決着へと持ち込んだ。
 鈴木善幸さんや中曽根康弘さんがかかわっていたようだ。
 まとめて慰謝料を受け取り、のちのち責任を問うことはありません、という、アメリカにとって好都合の示談でまとまった。

 見逃せないのは、このとき、水産会社がかなりの役割を果たしたとみられること。
 考えてみると当然なのだけれど、このことには想像力がおよんでいなかった。
 山下さんの「資料」には「大手水産会社」としてあったが、話の中では「ニチロ」や「マルハ」といった名前が出ていた。どっちみち、おおよそ察しのつく社名ではある。
 水産会社は、マグロ漁船から魚を買い取る。しかし、放射能に汚染されている魚は廃棄処分である。やがて放射能レベルが下がって「安全」になったとしても、人々の不安があると売れない。
 まさに1000隻もの漁船員の被曝がおおやけになり、騒ぎが大きくなると、いっそう魚が売れなくなると考えたのである。

 いずれ、あらためて、「大手水産会社」社史の、この時代の記述を調べてみたいと思っている。
 おそらく、反省はおろか、ひとこともふれられていないのではないだろうか。
 それは、これまでにいくばくかの社史編集に携わった経験からも理解できる。
 負の遺産、負の歴史は、できることなら記載したくないものである。かつて自分自身でも、作業をしていて、そういった心情への暗黙の配慮はどこかにあったと思う。制作スタッフとして、知っていて排除するようなことはなかったが、あえて、そういったことがなかったかを、深く訊くことはしなかった。

 しかし、こういった事例にふれてみると、あらためて、これからの時代には、むしろ、そういったところの掘り起こしこそ重要ではないかと思う。
 どんな過ちにせよ、振り返って再確認することができない企業は、ふたたび同じ過ちを繰り返す。当然、リスク管理もきちんとできない。みずからの歴史を検証して、反省し、「しくみ」として同じ過ちを繰り返さないための手だてを講じることが、ほんとうの意味でのCSRやコンプライアンスにつながる。

 もうひとつ、これは救いようがないけれど、久保山愛吉さんの主治医が、国立機関でのしかるべき地位と引き換えに、ビキニ被曝と死亡の因果関係の立証を抑えた、という話があったこと。もう少し詳しく知りたい。

 あれもこれも、人間の愚かさを嘆きたくなることばかりではある。
 そうして、1000隻もの漁船の乗組員の被曝が地下に埋もれ、アメリカとイギリスは、南太平洋の美しい海で、16年間に122回の核実験を続けた。
   
posted by Office KONDO at 03:41| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
別の記事のことですが、ぼくらはみんな金ちゃんださんとのやりとり、興味深く拝見しておりました。

一本取られましたね。
文章が長ければ長いほど、伝わりにくいしボロが出る。
天の邪鬼な言い訳を重ねればなおさら。

結局民主党政権よりご本人の方が支離滅裂であることを露呈してしまったような。
Posted by かつての仕事仲間 at 2011年02月28日 10:02
いやあ、おじさんが一本とられ……、ちがう、ちがう(笑)。

一本とられても、とっても、どちらでもいいのですが、まあ、批判があるのは、読んでいただいているということなので、そこは嬉しい。
あとは、それぞれのみなさんに判断していただければいいと思っています。
いろんな問題提起ができればね。
Posted by はんそく通信子 at 2011年02月28日 19:39
あなたは本当にすごい人ですね。
頭脳は明晰だし、視野が広いし、博学だし、論理の展開力もおもちで、普段はどういう仕事をなさっているのでしょうか。
聞けばアッと驚くような誰もが知っているメジャーな仕事をなさっているのではありませんか。
とっても知りたいです。
Posted by 熱狂的愛読者 at 2011年02月28日 22:11
同じく普段どんなお仕事されているのか、すごく気になります!!

どこかに作品掲載されていますでしょうか??

勉強させてください!!!
Posted by 熱狂的愛毒者 at 2011年03月01日 00:40
たぶん近藤雅雄というのは仮の名前で、実は泣く子も黙る有名人かもしれない。
くれぐれも失礼なコメントは謹むべし
Posted by 熱狂的愛退く者 at 2011年03月01日 02:46
教えてください。
「日本のすべての人が知っておかなくてはならないはずの出来事」というのは、他に何があるのでしょうか?
たぶん何でもおわかりでしょうから。
Posted by ビキニのニキビ at 2011年03月01日 09:16
えー、盛り上げていただいて、Very thanks.
どうも、ホメ殺しされているような…(笑)。

じつは、おっしゃるように、ここでは仮の名前で、実名は木村拓也……、だったら、アメーバでブログあげてますよね。
フルネームはトップそのままですので、検索かけていただければ、たいていのことは出るのではないかと。でも、残念ながら、ご期待には添えず。同姓同名のエラい先生の業績は、たくさんならんでいます。

>「日本のすべての人が知っておかなくてはならないはずの出来事」というのは、他に何が…?

ビキニデーや、ヒロシマ、ナガサキについては、まずそう思ったので、そんなふうに述べたのですが、その都度考えていかないと、一度には思い浮かびません。池上淳さんではないもので(笑)。

Posted by はんそく通信子 at 2011年03月01日 20:01
非常に失礼にあたるかも知れませんが、自由に言いたいことが言い合えるブログのようなので、一言率直な感想を述べさせていただきます。

もしかして、主宰者である「はんそく通信子」様は、長らくお部屋に引き篭もって、誰とも会話していない状態にあるのではないでしょうか。

これも失礼な話ですが、現在、夥しい数のブログが公開されている中、この程度のありふれた内容ばかりのブログに、これだけもコメントが寄せられるということは、本当に恵まれたことだと思うのです。

にもかかわらず「はんそく通信子」様は、コメントされた方々の話に耳を傾けようとせず、ひたすら自己主張を重ねているだけで、コミュニケーションが成立しているようには、まったく感じられないのです。

僭越ながら、販売促進の仕事とは、商品(サービスも含めて)の送り手と社会や消費者などとのコミュニケーションを活性化したり、円滑化したりする部分がかなり大きな比重を占めるというふうに理解しておりますが、そのプロと思しき「はんそく通信子」様のこのブログのコメント欄を見ております限り、「はんそく通信子」様ご自身にコミュニケーションを深めようとする姿勢が感じられません。

それで、もしかして、何らかのご事情で社会とのリアルなコミュニケーションを断たれ、こういうバーチャルな世界に浸っていらっしゃるのではないかと、拝察いたします次第です。

どうやら現在、このコメント欄は泥沼状態のようです。
老婆心かもしれませんが、いったんブログをお休みになり、冷静にご自身が書かれた内容や、コメントへの返答を見つめ直された方がいいように思えます。

人並み以上に長生きしておりますゆえ、独善に陥り大切なものを失った人の事例をたくさん見てきております。

気分を害されたかもしれませんが、ちょっとでもお耳にとまれば幸いです。
Posted by 名を名乗るほどの者ではございません at 2011年03月04日 17:35
どうも図に乗り過ぎちゃったみたい。
ブログ効果で近藤さんの仕事がなくならないことを祈っています。

でも、誰だってカ思うんじゃない。
あなた何様。
ゴチャゴチャ理屈を並べる以前の、人間としてのモラルやセンスの問題だよね。
Posted by 五條大橋 at 2011年03月05日 01:11
やれやれ、出張で疲れて、突発的な週末ぎりぎりの仕事をなんとか間に合わせて、ようやく自分のブログページをひらくと、掲示板のひとり炎上状態。(笑)
もう眠くてしょうがないのに。(泣)
ブログそのものをアップしている時間がないのだけれど、しかたないから、いろんなページへの、せっかくの大量コメントに応えて、ちょっと長くなります。

どうも、おっしゃるように「かつての仕事仲間」ではなさそうだし、ただまあ、あっちもこっちも、だいたい同じ人かな、と感づきながらも(笑)、精一杯、お答えしているのだけれど。わかってくれないのかなあ。

言葉の感覚には、多少、感じるものがある。長年、こんなことばかりやってきてるしね。イスラエルあたりの解析ソフトなんかだと、筆跡のように正確に見分けるのかもしれないけれど、そこまでは自信がない。

疲れさせるのをねらっているわけではないでしょ?(笑)

ただ、せっかく人がきちんと応えているのに、具体的な批判をしない自分への苛立ちを、人にぶつけているだけだと、自分自身が泥沼にはまってしまうし、せっかく自分の言葉をちゃんと打ち込んでいるはずなのに、それでは、無言電話と変わらないことになってしまう。
「図に乗り過ぎちゃったみたい」、ってわかってるんだよなー。(嘆)

だいたい、ブログの内容が生意気だ、ひとりよがりだ、といわれても、ブログとはそういうものだし、無責任なコピペだけのところも多いし、そんな中では、努力しているほうだと思うのだけれど。
それに、こんな田舎のブログで、別段多くの人に影響力があるわけでもないし、おっしゃるようにこれで仕事が来たり、なくなったりというほどのものでもない。買いかぶってくれてありがとう。

嫌味の(ゴメン!)センスが、頭のいいかただろうと思うのだけれど、「センスの無い年寄り」? を「ネチネチ」?(笑) いじめていても、反対に、自分の中で、自己嫌悪がどこかに澱のように溜まっていって、戻れなくなってしまう。
そういうのは、人間誰しもどこかに持っているマイナス感覚だと、冷静でいるときには、みんなわかっている。誰だって微妙なバランスを保っているのですね。だから、貴兄にも、ひとりイライラで、そっちのマイナスをふくらませてもらいたくないのです。

そろそろ、このあたりでおひらき。
少しほとぼりをさまして、ハンドルネームと文体を変えて(そのときは一貫していただけるほうがありがたい)、またあらためて、正面から議論をしましょうよ。
Posted by はんそく通信子 at 2011年03月05日 03:33
ようやく気付いてくださいましたか。
後継者ができたようなので、おっしゃる通り引退します。
人間観察、楽しませていただきました。
プログっていいですね。
Posted by 五條大橋 at 2011年03月05日 09:25
新木場にある第五福竜丸には、2〜3回足を運んでいて、仰る事の大半は存じておりましたが、まだまだ知らない事ばかりですね…(涙)。
一生かけても日本の何が理解出来るのか分かりません。
『わしも死の海におった〜証言・被災漁船50年目の真実〜』は、是非わたくしも拝見したいですが、早稲田大学が直ぐそばでもその受賞式典や試写会等は存じませんでした…。
Posted by nomoemon at 2011年12月04日 20:40
コメントありがとうございました。
山下正寿さんが、コツコツ取り組んでこられた、いわば歴史の掘り起こしは、敬服に値する貴重な作業だと思います。こういうDVDこそ、図書館なんかに置いてほしいと思うのですが。ひょっとしたら置いているところもあるかも。
上映のときは、ご本人と、もう一人安斎育郎さんの講演がありました。安斎先生は、いいのですけれど、笑いをとろうとしすぎるのでね…疲れました。(笑)
しかし、そのビキニから太平洋をわたって、アメリカに降り注いでいた死の灰の分布図なんかを見た、わずかあとに、あのフクシマが起きるとは、夢にも思いませんでしたね。
Posted by はんそく通信子 at 2011年12月05日 02:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188133868

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。